OH!MY 愛しきわんこたち
ちばわん預かりわんこの日記です。 新しい家族を探しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[
スポンサー広告 ]
| --/--/-- --:--| |
にこりん迷子騒動についてのお詫び
4月9日(木)に発生した、にこりん迷子騒動について、
皆さまに多大なご迷惑をおかけしましたことを、心からお詫びいたします。

いぬ親さま宅で起こった迷子騒動ですが、それを防げなかったことに関しては、
環境確認ならびに諸注意事項の説明を行ったボランティアである私に
責任があると思っています。

それまで我が子同然の生活をしながら大切にお預かりしていた、大事な大事な預かりっこを託すにあたり
私たちボランティアがいぬ親さまに最重要事項としてお話するのが

『絶対に、絶対に迷子にさせないでください』

ということです。


トライアル開始から5日目の9日(木)朝7時半過ぎ、いぬ親さまから
「にこりんが逃げました!」
との電話を受け、愕然としました。

最も恐れ続けていたことが現実になってしまったからです。
ましてや、万が一逃がしたら捕まえられないだろうと、誰もが思ったにこりんです。

いぬ親さま宅はお庭がある一戸建てのおうちで門扉はなく、
それゆえ、間違っても散歩以外で家の外に出たりすることが決してないよう、
全ての出入口に二重以上の対策を施していただき、
それを確認したうえでお届けしました。

なのに、それなのに、まさかの脱走事故が現実に起こりました。

鍵の掛かる頑丈な勝手口の、そのまた内側にあるちゃんとした扉。
『閉めたはず』のその扉が、何故か開いてしまったまま
前日の雨合羽を干そうと、『ちょっとだけ』勝手口を開けたら
その一瞬の隙に
にこりんはリードなしで外に出てしまいました。

一報を受け9時過ぎに到着した私と、いぬ親さまの2人で捜索。
午後にはちばわんメンバーも3名駆け付けてくれて、ご近所の方にも大変ご心配いただきました。

いぬ親さまといつも散歩に行っていたすぐ近所のA公園周辺と、
少し離れた場所にある、より大きなB公園周辺、そしていぬ親さまご自宅
この3箇所に、朝からにこりんは順に現れており、何度も目撃するも、
案の定捕まえることができず

一度は至近距離まで近づくことができたのですが、それでも、結局また逃げられてしまいました。
人懐こい子と違い、外でフリーの状態になってしまうと、不安で警戒心はより強くなってしまうのだと思います。

幸いなことに、ご自宅にも戻って来てくれることがわかったので、
餌付け作戦を開始。

そして、いざチャンス到来!というときに備えて、少しでも捕獲し易くするため、
ご自宅の塀をできる限り塞いでおく作業を開始しました。
この作業には2人がかりで結構時間を費やしたのですが、
結局、これが功を奏することになります。


夜10時過ぎ、お腹を空かせてご自宅の玄関に現れたにこりんをいぬ親さまがじっくり見守り、
勝手口方向へ行き先を変えたその瞬間にすかさず行動、
お庭の中で追い詰め、攻防の末、捕獲してくださったのです。

すぐ横の塀の隙間を夕方の作業で塞いであったため、にこりんはそれ以上逃げられず、観念したのだそうです。

長期戦必至と思われた迷子捜索を、本当にラッキーなことに、1日以内で終えることができました。
この世の全てに感謝したいと、そのとき心底思いました。

いぬ親さまの不注意で起こったこととは言え、
そのあとの行動は素晴らしく的確で、こちらの指示を仰ぎながら動いてくださり
最後にはにこりんを無事保護してくださったことに対しては、
心の底から感謝の気持ちでいっぱいです。
見事に責任を果たしてくださいました。

にこりんが遠くへ行ってしまうことなく、
たった5日の間、お散歩に連れて行ってもらった2つの公園とご自宅をちゃんと覚えていて行動したのも、
いぬ親さまが本当に可愛がってくださってたからだと思います。


ですが、それでも、『迷子騒動』だけは、どうか勘弁してもらいたいのです。

センターに収容され、殺処分か譲渡かの瀬戸際を経て、ちばわんが保護した大切な子です。
再び路頭に迷わせることだけは、あってはならないことと考えています。


昨年6月、子供と共に捕獲収容されたにこりんでしたが、
誰も身体に触れることすらできず、譲渡選定では不可となりかけたところを、
ちばわんが引き受けるという条件で、何とか殺処分を見合わせてもらえたのです。
そのときから毎週、この目でにこりんを見てきました。

今、私の手元にいるこの可愛らしい子が、今とはまるで別犬の如くあのような状態になっていたのは、
野良生活がよほど苛酷なものであったということを物語っています。

そのにこりんを、二度と同じ目には遭わせないこと。
譲渡先を決めるにあたって、それが一番の条件でした。


人間誰しもミスすることはあります。
ミスをしない人間などいないし、自分だってミスすることもある、
それも十分わかっています。

今回トライアルは中止とさせていただき、
翌日10日(金)に、にこりんはkorohana家に連れ帰って来ました。
ご異論のある方もいらっしゃることとは思いますが、
どうかご理解いただけましたら幸いです。

にこくり
「にこちゃん、寒かった by栗

ママの足元&ホット・カーペットの上&ストーブの前の可愛いおふたりさん

スポンサーサイト

[ にこりん ]
| 2015/04/17 06:01| TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://korotarounoouchi.blog85.fc2.com/tb.php/271-a09310f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コロハナママ

Author:コロハナママ
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。